カーペットのシミの取り方! 洗剤と道具とタイミング

2019/09/03
 


この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

どうもこんにちは!  Terryです!

 

今回はカーペットにシミをつけた場合の、シミの種類別の落とし方について綴っていきます。

 

時間がたってから対処するより、シミがついてすぐ対処したほうがシミが取れやすいですよ!!

 

スポンサーリンク

 

ヨーグルトや牛乳

 

お湯でゆるく絞ったタオルでこすり、台所用洗剤をつけたタオルで拭いてください。

 

シミがまだ残るようならば、アルコールで拭いててくださいね!

 

 

 

アイスクリーム

 

最初に、アイスクリームをティッシュペーパーで拭き取ってください。

 

そのあと、台所用洗剤を入れたお湯で絞ったタオルで拭いてみてくださいね。

 

 

 

 

生クリームや油

 

まずヘラを使ってこすり取ってください。

 

そのあと、お湯で絞ったタオルに住宅用洗剤を含ませて拭いてみてください。

 

何度も拭くのがポイントです!

 

 

 

 

ココアやコーヒー

 

ぬるま湯をシミの上に少し注いでタオルで吸収させましょう。

 

そのあと乾いたタオルで拭いてください。

 

ミルクや牛乳など脂肪分が入ったシミは、台所用洗剤を含ませたタオルで拭いてくださいね!

 

 

 

 

ビールや日本酒

 

こぼしてシミになった箇所に塩をのせて、広がるのを防ぎましょう。

 

塩が水分を吸収してくれたら、柔らかいブラシを使ってそのまま回収し、水を含ませたタオルやスポンジで拭いてください。

 

スポンサーリンク

 

ケチャップ

 

最初に紙を使って拭き取ってください。

 

そして、台所用洗剤に酢を含ませたタオルで拭きましょう。

 

もしケチャップの色が残るようなら、酸素系漂白剤(もしくはオキシドール)で拭いて漂白してください。

 

塩素系漂白剤の使用は、NGです!

 

 

 

 

 

台所用洗剤を入れたお湯で絞ったタオルを使い、ていねいに拭き取ってください。

 

もしこのやり方で残るようならば、アルコールを試してみてください。

 

 

 

 

クレヨン

 

クレヨンの油分を溶かすように、アルコールを歯ブラシにつけ、トントンと叩くようにしてシミを取ってください。

 

最後に、ぬるま湯で絞ったタオルを使い、拭いてくださいね!

 

 

 

 

こげ跡

 

まず、スチールウールを使い表面を軽りましょう。

 

このあと、オキシドールをガーゼに含ませたものをシミの上に置き、アイロンを使って熱を加え漂白してください。

 

 

 

 

カビ

 

最初にナイロン製のブラシでこすってカビを落としましょう。

 

その後消毒用アルコールで拭いて殺菌してください、

 

カビの色素を漂白するには、酸素系漂白剤(オキシドール)をおすすめします。

 

塩素系漂白剤は、強すぎるのではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

最後に…

 

あえてちょっとマニアックな種類のシミについて書いてみました(笑)

 

子供さんがいる家庭などでは、汚れからシミに変化してしまう場合もあるかと思いますが、少しの対処方法を知っていることで、シミの数を減らすことができると思います。

 

 

お掃除の参考にはなりましたでしょうか…

 

どうもありがとうございました!!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© がっぱに生きてみまっし! , 2017 All Rights Reserved.