洗面ボウルの水垢の落とし方。陶器には酸?サンポール?

2019/11/13
 


この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

どうもこんにちは!  Terryです!

 

今回は、水道水に含まれる成分が原因でできる”水アカ”の落とし方について綴って行きます。

 

陶器製の洗面台のボウルの水アカを例に、落としていきますよ♪

 

スポンサーリンク

 

水アカ汚れを落すには、酸の力を使う!

 

”水アカ”を落とすには、軽い汚れを落とす中性洗剤ではなく、油汚れに効果があるアルカリ性洗剤でもなく…”酸性洗剤”が有効です!!

 

ぶっちゃけ洗剤でなくても、酸性をしめすものなら、優しい効き目の場合もありますが効果がありますね。

 

例をあげてみると、”酢” ”クエン酸” ”ビネガー”などですね。

 

今回僕が水アカを落とすのに使うのは…

 

 

 

 

 

塩酸が入っていて、酸性洗剤であるサンポールです!!

 

安い上に手軽に買えるので、僕は気に入っています♪

 



洗面台のボウルの水アカを落とすには?

 

今回は陶器製の洗面ボウルで実践します♪

 

樹脂製やプラスチック製の洗面台では、酸性洗剤を使うことで色が抜けてしまう場合があります!!

 

樹脂製品では酸性洗剤を使わないでください!

 

 

 

 

 

まずはじめに、排水口に水がかかるくらいの量の水を出し続けてください。

 

これから酸性洗剤を使うわけですが、金属って酸に弱いんですよね…

 

サビの原因になります。。

 

水を出して金属部分に水が当たり続けるようにすることで、金属への酸の影響をなるべく少なく…ということです。

 

 

 

 

 

次に水アカが気になる部分にサンポールを塗って少し置きます。

 

たまごが腐ったような独特なニオイがしてきたら、酸が水アカを溶かしている証拠です!

 

そういえば学生の頃、理科の実験でこのニオイを嗅ぎましたよね(笑)

 

 

 

 

 

少し時間を置いたら水をかけて洗剤分を流し、スポンジでこすっていきます。

 

今回は水アカのザラザラ感が強かったので、研磨剤がはいった茶色のナイロンたわし”スコッチブライト”でこすりました。

 

正式には削った…といったほうが正しいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

僕が使った茶色のスコッチブライトは、業務用なので入手しにくいかもしれません。

 

上の緑のスコッチブライトは、ホームセンターでも入手できますよ♪

 

ただし、、、プラスチックなど柔らかい素材で使用しますと、細かいキズがついてツヤがなくなります…

 

研磨剤が入ったスポンジを使う場合は、対象となる素材を考えて使うのがいいですよ~。

 

陶器やお鍋のコゲ落としには、力を発揮してくれます♪

 

 

 

 

キツイ水アカを削る場合、1000番以上の目の細かい”耐水ペーパー”でこするという手もあります♪

 

 

 

 

今回僕は、2000番の非常に目の細かい耐水ペーパーを使いました♪

 

 

 

 

地域によっては、まるで石の成分が蓄積したのか…と思うくらい水アカがたまる場所もあると思います…

 

酸と耐水ペーパーの併用じゃないと、水アカを除去できない場合もあるんですよねぇ。。。

 



最後に…

 

「水アカを落とすには酸を!!」というのは、清掃業界に入った最初に習いました。

 

場合によっては、水で薄めた塩酸を使う場合もあります。

 

塩酸の濃度が濃いものを使った場合は…陶器表面の釉薬を溶かしてしまう場合があるので、気をつけないといけません…

 

なんでこんなことを書いたかと言うと、、、僕自身が塩酸濃度を間違えて、陶器の表面を溶かしたてしまったことがあるんですよね。。。

 

当時師匠に、目ん玉が飛び出るくらい怒られました…苦笑

 

あと、研磨剤が入ったスポンジや目の細かい耐水ペーパーでこすることを書きましたが、水アカを削るということに重点を置いたのであるならば、、、キッチンで使うクレンザーでこすってみるのもいいと思います♪

 

ただし、キッチン用のクレンザーはアルカリ性を示す液性なので、水アカを溶かしてくれる力は無いです。

 

僕ら掃除屋が使う業務用の洗剤を扱っている問屋には、酸性のクレンザーを扱っている場合もあるのですが、市販品では残念ながら見たことがないですね。。。

 

「酸の力を使って水アカを溶かし、こすって落とす」…これが水アカの落とし方です!!

 

もし「難しい…」とか「危険で怖い…」と感じた場合は、おそうじ本舗のような大手の業者に依頼して、一度水アカをキレイに落としてもらうのも一つの手ですよ!

 

もし何かあった場合も、大手の業者ならしっかりとアフターケアや対応をしてくれます。

 

一度キレイになると、その後の水アカの蓄積にも注意しやすいですよ~。

 

 

お掃除の参考にはなりましたでしょうか…

 

どうもありがとうございました!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© がっぱに生きてみまっし! , 2017 All Rights Reserved.