お掃除に必要な洗剤の知識を掃除屋がお話します♪

2019/09/04
 


この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

どうもこんにちは! Terryです!

 

朝晩と過ごしやすい気温ですが、昼間はまだ暑いですね~。

今日も前回に引き続き、洗剤のことを綴ります。

 

スポンサーリンク

 

 

いまさらながら、洗剤とは・・・?

洗剤の目的とは、水だけでは落としづらい油や無機質汚れを除去することで、作業効率をアップさせ、おそうじの手間を簡略化させます。

汚れを分離させたり溶かすのは水の役割ですが、水の洗浄する機能を助けるためのものが洗剤です。

油用洗剤を例に挙げてみますと、水は表面張力が強いため物に浸透する力が弱いのですが、水の表面張力を弱める界面活性剤を加えることで、油の中に水が浸透し洗浄面から除去しやすくなります。

 

 

洗剤の成分は?

界面活性剤

水の表面張力を弱めて汚れに水を浸透させ、汚れを除去しやすくします。

さらには、対象物に汚れをつきにくくする作用もありますね。

カチオン性活性剤、アニオン活性剤など種類は多いです。

 

 

助剤

界面活性剤の力を助け、酸やアルカリの作用で洗浄力をさらに高めます。

苛性ソーダ 炭酸ソーダ 珪酸 リン酸などがあります。

 

 

その他

特殊な効能を持たせるために、溶剤 研磨剤 蛍光剤 消泡剤 再汚染防止剤 などが入っている場合があります。

 

スポンサーリンク

 

 

洗剤の種類

洗剤

界面活性剤の力で汚れをおとします。

酸やアルカリなどの助剤を加えたものを、合成洗剤といいます。

 

 

洗浄剤

酸やアルカリの力で汚れを落とします。

洗浄力が強力なものが多いので、目立たないところで試してみることをおすすめします。

 

 

研磨剤

粉末タイプ、クリームタイプ、半ねりタイプがあり、界面活性剤に研磨剤が助剤として含まれています。

対象物の表面を削って傷をつけてしまうので、どうしても取れない汚れに対して使うのがベストです。

台所で使うアルカリ性のものが多いですが、浴室やトイレ用のリン酸配合の酸性のものもあります。

 

 

溶剤

ラッカーシンナー、ペイント薄め液(塗料用シンナー)、エタノールなどです。

シールをはがしたり、素材についた塗装やペンキをはがすのに使います。

溶剤の強さは、ラッカーシンナー>ペイント薄め液>エタノールです。

 

素材自体を傷める恐れがありますので、見えない箇所でテストしてから使用することをおすすめします。

キッチン流しのステンレスはラッカーシンナーで黒く焼けてしまいますし、洗面台のパネルはラッカーシンナーやペイント薄め液では溶けてしまいます。特にプラスチックなど樹脂に使う時には注意が必要です。

 

最近では、オレンジオイルベースのシールはがしなんかも出回っています。素材には優しめでシールはがし効果はバッチリなので、試してみるのも面白いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

漂白剤

酸素を加えて白くする酸化型には塩素系と酸素系があり、酸素を除き白くするのが還元型です。

 

塩素系漂白剤

カビ取りに強い効果があります。除菌や消臭効果もあり、台所の漂白に使われます。

色落ちするものには使わないほうがいいですね。

ノロウイルスに効果があります。

強いアルカリ性ですので、対象物への注意が必要です。木質、表面加工されていない金属、塗装面に使わないように気をつけてください。

ビニールクロス(壁紙)に使用すると、後々緑色に変色する恐れがあります。

 

酸素系漂白剤

色ものの洗濯用漂白剤です。

色つきのビニールクロス(壁紙)のカビ取りに使えます。

 

 

還元系漂白剤

鉄分による黄ばみやサビを除去するのに使えます。

お湯と併用で効果があります。

塩素系漂白剤による黄変を白く戻す効果があります。

 

 

最後に

いや~、なにげなく使っている洗剤ですが、掘り出してみると…なかなか奥深いですね…

少し洗剤を知ることで、おそうじの簡略化ができるようになっていただけると、僕はうれしいです♪

 

今日もありがとうございました!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© がっぱに生きてみまっし! , 2016 All Rights Reserved.