米を食べるのを4か月やめた結果と代償とは? 流行前の糖質制限ダイエット

2019/09/03
 


この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

どうもこんにちは!  Terryです!

 

食べる→太る→ダイエット→食べる…を繰り返している僕ですが、過去にお米を食べるのを4か月ほどやめてみたことがあります。

 

なぜお米を食べるのをやめたのか、その結果どうなったのか…そのあたりから綴って行きます。

 

スポンサーリンク

 

どれだけでも食べれてしまうごはん! 食べなくなくなったらどうなる??

 

最近では糖質を制限するダイエットが流行していますね。

炭水化物の摂取を減らすことで摂取カロリーを減らし、蓄積された脂肪分をエネルギーに変えるというダイエットです。

 

僕がお米を食べるのをやめてみた10年前は、まだ糖質制限ダイエットが流行する前だったと思います。

 

元々大食漢だった僕は、白米が大好きですごい量を食べていたんです。

毎食2合や3合のごはんを食べながら、麺類を食べて…(笑)

で、年齢を重ねるたびに新陳代謝が落ちて太りやすくなってきていました。

 

あー太りやすくなったなぁ~と自覚がでてきたころに、ちょうど格闘技ブームがありましてね。

K-1だPRIDEだと人気が出てきたと同時に、格闘家の肉体改造なんかがちょっとした話題になっていました。

 

ある日テレビを見ているとある格闘家の肉体改造に関わったトレーナーが、某プロ野球選手や某関取の肉体改造を手伝って…というのを見ました。

そのトレーナーのノウハウを簡単にいうと、炭水化物を1週間だけ完全にカットして激しい運動をして筋肉量だけアップさせる!というものだったと記憶しています。

 

え…?

 

まぁ、当時白米を鬼のように食らっていた僕には、耳を疑うようなショッキングなやり方でしたね(笑)

ただごはんを大量に食べることに内心不安を持っていたのも事実で、お米を食べるのをやめてみると体重がおちるかも…と思いました。

で、お米を食べるのをやめてみたわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

ごはんを食べない食事!

 

主食として食べていたごはんを食べるのをやめる…言葉にすると簡単なことですが、実際に実行するとなると空腹との闘いでかなり大変でした。

ただ糖質制限とか概念は全くなく、食べ過ぎていたごはんをやめる!という概念しかなかったため、昼にはパンを夜にはじゃがいもの煮っ転がしなどを普通に食べていました(笑)

 

今考えると、全体的に食事量が落ちていたというのもあるかもしれませんねぇ。

夕食だけは空腹をまぎらわせるために、最初にキャベツのぶつ切りを大量に食べてからおかずを食べて…と試行錯誤していました。

 

で、体重はどう変化していったかというとですね…

毎月4kg~5kg落ちていきました!

 

停滞期といわれる時期もありましたが、体重計に乗るたびにテンションが上がるくらい結果がついてきましたね♪

4か月で20㎏近く体重が落ちて、結果もついてきているし頑張ろう!!と思っていたのですが、あることをきっかけにまたごはんを食べ始めることになりました。

 

それは…

血液検査…

 

 

少し体調に違和感を感じまして、かかりつけ医で血液検査をしてもらったんです。

結果、赤血球の値が半年前の三分の一に…汗

 

医者に何をしたんだ?と問われましたが、どう考えても米を食べるのをストップしていたことしか思いうかばず、正直に白状しました。

医者いわく、個人によって違いはあるものの 米の摂取をやめることで赤血球の減少はありえるそうです…

 

パンやイモ類は食べていたのですが、こういう結果が出てしまい、また白米を食べる生活へと逆戻りしたわけです。

感じた体調の違和感…実はふらつきだったんですよね…

 

スポンサーリンク

 

最後に…

 

僕のニガイ体験を書いてみました。

最近はやりの糖質制限ダイエットですが、注意が必要だと思います!!

 

他に自分の体に起きた変化を書いてみると、頭の回転が悪くなったような気がしたのと、体臭がよくない方向に変化した(笑)ような気がしました…

 

他の人にも当てはまるかはわかりませんが、気をつけてみる必要はあると思います!!

 

5年でリバウンドしたのは、ここだけの秘密っちゅうことで…

 

どうもありがとうございました!!

 


この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© がっぱに生きてみまっし! , 2017 All Rights Reserved.