シールのはがし方 エタノールで取る? おすすめのスプレーは?

2019/09/03
 


この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

どうもこんにちは!  Terryです!

 

日が落ちるのが早くなってきましたね。

少しずつ秋が深まっていくのを感じます。

食欲の秋…には気をつけなければいけません(笑)

 

スポンサーリンク

 

シールの粘着質を取るには?

 

掃除屋を職業にしていると、シールなんてものはなぜこの世の中に存在しているのか…と思う時があります。

はい、非常にやっかいなシロモノです…汗

粘着だけをなんとかするならばそう難しいわけではないのですが、粘着が残っている対象物の素材が何なのかによって、除去の難易度が変わります。

 

ドライヤーで熱を加えて…とか中性洗剤でふやかして…といったことはあまりやらなくて、溶剤で粘着質を溶かしてしまうことが多いですね!

普段クルマに積んである溶剤は、ラッカーシンナー、ペイントうすめ液、無水エタノールでしょうか。

溶剤として粘着を溶かす強さ順に並べると、ラッカーシンナー>ペイントうすめ液>無水エタノールの順になります。

 

使い方の注意点をあげると、ラッカーシンナーは薄いプラスチックやFRPなどを溶かしてしまいます。

洗面台の上部パネルなどにシンナーを使ってしまうと、変色と共にねばねば溶けてきてしまいます…(経験済みです…)

少し付いたままにしておくとステンレスを黒く焼いてしまったりもしますので、ほんの短い時間の置き場所でも気を配らないといけません。

不必要に付着した塗料やコーキングを除去してくれて、新築一軒家の美装では必需品なんですけどね。

 

シンナーで対象物を傷めてしまうようなら、効果がワンランク落ちるペイントうすめ液を使います。

似たような効果の溶剤を上げるなら、塗料用シンナーや灯油ですかね。

 

ペイントうすめ液でも更に害が及ばす場合には、無水エタノールを使うようにしています。

床を貼る内装屋さんなんかも、床材を貼る時はみ出したボンドの処理なんかはエタノールを使っていたりしますね。

 

スポンサーリンク

 

 

おすすめのシールはがしスプレーは…?

 

本職らしく溶剤について書いてみましたが、なかなかお家には無いシロモノばかり…

最近は高気密な家が増え、灯油の使用がNGの家もありますしね…

 

というわけでまたまた僕のクルマに積んでいる、おすすめのシールはがしを載せてみます。

 

 

 

 

風神は、揮発性に優れていて段ボールなんかにも噴射できますね!!粘着を溶かす力は少し弱めです。

雷神とディゾルビットは、オレンジオイルベースの対象物を傷めることが少ない優れものです。

とはいうものの、見えないところで試してから使うのがベストなんですけどね!

今はもう売られてないのですが、ダスキンから出ていたソルブオイルは逸品でした。再販しないかなぁ…

 

スポンサーリンク

 

 

 

あと、溶剤をつけたタオルは処分の対象になってしまいます。

穴のあいたタオルや薄くなったシャツの切れ端なんかを、そうじ用に集めておくと便利ですよ!!

トイレで使って使い捨てにもできますしね。

 

 

最後に…

 

今回はシールや粘着を取る溶剤について綴ってみました。

今現在使っている良いと思ったものを載せてみたわけですが、今後さらに良いものが見つかると入れ替えていきます。

ここらへんが清掃業の楽しさの一つかもしれません。

 

今回はこのへんで…

どうもありがとうございました!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
清掃業界に12年ほど身を置いていました。 体調を原因に引退。 お掃除のマニアックなネタ以外にも、「生活の困った」ことの解決方法について紹介していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© がっぱに生きてみまっし! , 2016 All Rights Reserved.